ヤミ金被害の解決法とは

はからずも、急に現金が必要になった。それなのに手当のめどが立たない。しかし貸してくれる当てがない。そんな場合、しかたなく消費者金融から借金する人がいることは、無理からぬことです。切羽詰まった状況で、背に腹は代えられません。
でも、銀行の5~10倍にもなる高金利が待っています。借りる前には十分に認識しておかないと後悔することでしょう。まかり間違って、返済できなくなるのを防ぐために、さらに別のサラ金から借りてくる多重負債の道に。こうなるとサラ金も貸してくれませんから次は闇金です。でも彼らは違法な闇社会の人間達です。

事件でも報道されたよく知られる金融業者と闇金融とはどう違うの。違いを言えば、法律によりせいげんされた貸出金利を上回る金利で貸出している業者、貸金業を営んでいるにも関わらず登録していない業者を、闇金融と表現します。そして、登録されている貸金業者でも決められた金利を超えて貸し付けすればヤミ金融です。

かねてから、街金業者が貸付ける際の金利としてトイチと呼ばれるものがあります。言い換えれば、10日間借りて1割の利息を支払うものです。そのことを今風の闇金業者になると、以前の2~3倍もの高金利になっています。まとめると、年利1080%のトサン(10日で3割)なら、10万円を借りれば1年間の利息は、なんと、108万円になるという驚きの金額になります。こんなベラボウな金額、返済できません。

支払いが1日でも延滞すれば、やみ金業者のしつこくも過酷な取立てが始まります。昼夜の関係なく、何回何回も繰り返し督促電話をしたり、勤務先や友人宅にまで集金に来て、脅迫まがいの言葉で取立てをします。前に述べたよううに、ヤミ金融業者は違法な高金利及び、過酷な取り立行為により、被害者の生活基盤を壊しますから、絶対に闇金から借りてはいけません。

それに、ヤミ金から借りているのなら、自力で解決しようと考えないで、できるだけ早くヤミ金被害対策のプロである、弁護士事務所あるいは司法書士事務所に相談すべきです。法外な闇金からの借金は、返済する義務はありませんし、取引内容次第では、過去に返済した元金・利息を取り戻し、取り立ての恐怖に怯えなくてもよい静かな生活ができます。

司法書士あるいは司法書士だといっても、闇金被害の経験や知識がある、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが必要です。司法書士あるいは弁護士事務所と看板に表示されていても、人それぞれに得意とする領域が異なります。特に闇金融業界は、違法な活動で収益をあげている犯罪者集団です。権威がある法律の専門家であっても、戦える相手ではありません。それについては先で述べたように知識と実績が一番必要です。

だとすれば、どうしてピッタリの弁護士・司法書士を探しあてられるのでしょうか。手っ取り早く簡単に見つけられるのはネット検索でしょう。闇金融問題の対応力を持っている弁護士・司法書士になれば、その交渉力を看板に、ネット広告を出して集客しています。ネットではランキングサイトもありますので、すぐに見つけることが出来るでしょう。検索により複数のj候補事務所を選んだら、電話もしくは訪問して無料相談をしてみます。相談には自分の希望と、借金の内容がわかるように準備しておきます。

ほとんどの弁護士、司法書士事務所は、一応、相は談無料だと思いますが念のために確認してください。この時に、複数の事務所に相談をすべきなのは、相談者本人の置かれている現状と適合する弁護士や司法書士を選ぶためです。気をつけたいのが、裏金問題が一応決着した後ことです。めったにないことでしょうが、闇金業者の「お礼参り」なんてことも。この例のように心配事は相談して解消しましょう。なんせ、検討だけでは何ら解決しません。とにかく、今日にでも専門家へ相談してください。

司法書士なり弁護士に闇金解決を依頼すれば、ヤミ金1件当たり3ないし5万円ほどかかりますが、明日からの不安解消の代償と考えれば、信じられないほど安価な代償だと思いませんか。しかしながら、その資金がなければ、依頼費用の後払いや、それに分割支払いにも対応してくれる事務所もあります。また、相談は無料で応じている事務所が多く存在していますので、2つ以上の弁護士あるいは司法書士事務所へ相談すれば、前に述べたように自分に適合した法律の専門家所を探しましょう。加えて、先述したヤミ金被害が解決した後のアフターケアも考えてもらいましょう。
闇金被害の無料相談所の案内