ギャンブル依存症とヤミ金トラブル

ギャンブル依存症と借金の関係

パチンコや競馬にのめり込み、ギャンブル依存症に陥ると、折角仕事して稼いだ給与をつぎ込んでしまうことになります。ファミリーや周囲からの借金だけでは金額が足りなくなり、銀行カードローンやクレジットカードキャッシング、金融事業者から貸付を受るという話しをよく聞いたりします。

しかし、最大限度額まで借りたものをパチンコに使い切り、さらなる転落の一途となるのです。

でも、どうしてこのような借金地獄におちいる人がいるのでしょうか?

それは、パチンコには借金しやすい理由があります。

【パチンコで勝つことは難しい】

ギャンブルは本来、元締めが得をするようになっています。たとえば、あなたは元本割れする確率の高い金融商品に投資をするでしょうか?まともなら投資したりしないと思います。

パチンコは当然ながら店側が利益を得るために還元率が100%以下設定すますから、金融商品でたとえると元本割れする確率が高い投資していると同じ事です。

しかし、当たれば一定金額が手に入るという思惑が勝っり、結局は負けてしまう場合がほとんどです。

投資の場合には損切りが大変重要だとされています。これは自分の予想と異なった結果となった場合に損を最小限に抑えるために、手じまいの決済をすることを指します。パチンコでいえば自分が決めた金額をつぎ込んでも勝てないのであれば止めることで、損害を最小限に食い止めることができます。

パチンコで借金地獄に落ちている人は、損を取り戻そうと思い、さらなる損が発生して大けがを負うのです。

パチンコでも、時には勝つこともあるでしょうが、勝ったからといって貯金をする人はまれなようです。勝った時は気が大きくなり、飲食や、大きな買い物をする人が多いようです。

負けたらお金を減らし、買ったらお金を使うので結局は、お金は減る一方で、増える要素がありませんから借金することになります。

日本におけるパチンコ環境も大きな原因の1つです。

パチンコ店は全国各地に存在し、ほとんどの店が年間通して毎日利用することができます。その結果、いつでもどこでもパチンコができますので、お手軽にギャンブルができます。

ギャンブルの怖いところは、たまに勝ってしまったことによって余計にはまってしまうことです。勝利体験が次の勝利をイメージさせ、根拠もないのにまた勝てると思い込むことです。

単発で勝てても、長い目で見たら負ける確率の方が圧倒的に高いのですから、気が付けば借金しながらパチンコをしていることになります。
サラ金やクレジット会社のキャッシングで何とかなっている場合はまだしもですが、そこからも借りれ無くなれば闇金からの借金となり本格的な借金地獄の始まりです。
もし、すでに闇金から借りて地獄を見ているのなら、今すぐ闇金トラブルの専門家に相談しましょう。

ギャンブル依存症は、精神疾患ですので、本人にもどうしようもなくなります。そうなると多重債務にまっしぐらとなりますので、早めの治療が必要です