クレジットカードを選ぶとき

クレジットカードを選ぶ最近、クレジットカードの種類は、数百を上回ると考えられています。興味深い特典が付くカードは多く見られますので、目移りしてしまいますでしょう。しかし、どれほど多彩なサービスが付属していても、自分にとって利用価値の高いクレジットカードでなければ、価値がありません。

クレジットカードの選び方
クレジットカード選定に間違いせず、望みの一枚を選択するにはどうすれば良いのでしょうか。今日は、自分にピッタリのクレジットカードを選ぶ注目点をご紹介していきます。

自分に適切なクレジットカードを選択する4つのポイント
1. 年会費
クレジットカードを選ぶ場合に初めにチェックしたいのが、年会費が必要になるかどうかといった部分です。年会費とは、そのカードを1年間所持するために必要になる会費のこと。年会費無料のクレジットカードも多く見受けられますが、年会費ありのクレジットカードならば、海外旅行保険が備わっていたり、ホテルや航空会社の特別待遇が利用できたりと、多種多様な特典を受けることができます。

クレジットカードの年会費は、コストが高くなればなるほど特権が充実したり、高品質のサービスが受けられたりしますが、附属するサービスを使うタイミングがなければ、マイナスが生じてしまいます。申し込みをしようとしているクレジットカードは、年会費をかけてでも持ちたいカードなのかをしっかり検討してみましょう。また、「初年度年会費無料」のクレジットカードは、次年度からは年会費が生じます。二年目以降、年会費を支払うことも一考に入れて選定して下さい。これ以外に、「条件付き無料」といって、例をあげると、年に一度でも利用すれば年会費無料になるといったようなカードもあります。自分がカードをどの程度使いそうか、前もって確認しておきましょう。

2. ポイント還元率
クレジットカードを使うたくさんの人が、利用代金と比例して付与される「ポイント」を気に掛けているのではないでしょうか。何より、普段からクレジットカードで買い物をする人は、クレジットカードのポイント還元率は気に掛かるところです。クレジットカードを利用するだけでもらえるポイントは、この次以後のショッピングで、現金と同様に使用することができますので、実質的な節約となります。クレジットカードを頻繫に使うつもりであれば、ポイント還元率を注視し、より還元率の高いカードを選ぶのが良いと思われます。

ついでながら、「楽天カード」のように、所定のショッピングサイトや店舗でポイント還元率が高くなるカードもあります。自分が通常良く利用するショップでポイントが蓄積しやすいカードを選択するのもおすすめです。

そして、考えておかなければならないのがクレジットカードの利用しすぎです。
クレジットカード利用するということはあくまで借金です。

商品やサービスを利用した場合の対価を現金にかわり借金して支払っていりことを忘れてはいけません。
昨今で社会問題になっている多重債務の問題の根はここにあります。

もし、そのような状況になっているのなら早急に債務整理をするか考えるべきでしょう。
家庭が崩壊する前にすべきです。