巧妙な闇金の手口と、その対策

闇金被害の相談統計調査によれば、ヤミ金にまつわる悩み相談は増加していませんが、1000%も超えるような暴利で貸し付ける闇金業者の暗躍が増えているようです。

平成17年に発生した闇金事件では、借りた本人だけでなく家族まで巻き込む取り立てにより、一家3人が自殺したことで一気に社会問題となり、警察による闇金の一掃が行われ取り立てが表面化しなしくなりました。

そう、それでも闇金が根絶されたわけではありません。従来型の取り立て方法に代わり酷い取り立てをしない業者が増えました。

ところが平成半ばころより、かつて全国各地で摘発された取り立てをする闇金業者が再発してきました。
取り立てのヤリ口は、闇金を利用した本人の関係者である親兄弟、それに親族にまで圧力をかけ、利用者本人以外から回収することです。

注文していない通販から着払いで品物が届いたり、被害者やその家族の職場へ頻繁に電話して苦痛のために勤務できないように追い込みます。

闇金被害者の大多数は、家族にも知られないようにしますので、闇金は巧妙にそれを利用し、取り立てをします。

闇金利用者の中には、闇金業者により他の闇金から借金を強要され、それで返済するように迫られるなど、利用者と、その周りも被害をうけます。

また、社会問題になりつつあるのが利用者本人の意思とは関係なく犯罪の片棒を担ぐことです。

その手口は、被害者が緊急に資金が必要な時や、予定通りに返済できなくなった場合に、闇金が被害者名義で携帯電話契約をさせたり、犯罪の受け渡しに利用される銀行口座を開設させ、それをすべ取り上げ更なる犯罪の小道具にします。

一度罠にはまると1人では抜け出せません。
闇金被害に詳しい弁護士事務所の無料相談窓口に救いを求めることをおすすめします。