巧妙な闇金の手口と、その対策

闇金被害の相談統計調査によれば、ヤミ金にまつわる悩み相談は増加していませんが、1000%も超えるような暴利で貸し付ける闇金業者の暗躍が増えているようです。

平成17年に発生した闇金事件では、借りた本人だけでなく家族まで巻き込む取り立てにより、一家3人が自殺したことで一気に社会問題となり、警察による闇金の一掃が行われ取り立てが表面化しなしくなりました。

そう、それでも闇金が根絶されたわけではありません。従来型の取り立て方法に代わり酷い取り立てをしない業者が増えました。

ところが平成半ばころより、かつて全国各地で摘発された取り立てをする闇金業者が再発してきました。
取り立てのヤリ口は、闇金を利用した本人の関係者である親兄弟、それに親族にまで圧力をかけ、利用者本人以外から回収することです。

注文していない通販から着払いで品物が届いたり、被害者やその家族の職場へ頻繁に電話して苦痛のために勤務できないように追い込みます。

闇金被害者の大多数は、家族にも知られないようにしますので、闇金は巧妙にそれを利用し、取り立てをします。

闇金利用者の中には、闇金業者により他の闇金から借金を強要され、それで返済するように迫られるなど、利用者と、その周りも被害をうけます。

また、社会問題になりつつあるのが利用者本人の意思とは関係なく犯罪の片棒を担ぐことです。

その手口は、被害者が緊急に資金が必要な時や、予定通りに返済できなくなった場合に、闇金が被害者名義で携帯電話契約をさせたり、犯罪の受け渡しに利用される銀行口座を開設させ、それをすべ取り上げ更なる犯罪の小道具にします。

一度罠にはまると1人では抜け出せません。
闇金被害に詳しい弁護士事務所の無料相談窓口に救いを求めることをおすすめします。

闇金被害の解決に取り組む専門家とは

闇金被害者借金問題で苦しんでいる場合には、
早い段階で弁護士あるいは司法書士に相談するのが最も望ましい方法であると言われています。

たとえば闇金被害に遭って苦しんでいる人がよくいますが、
そもそも闇金業者というのは無届けで貸金業を営んでいる違法な悪徳業者です。

本来、個人に対してお金を貸す場合には、
利息制限法の上限利率を守らなくてはならないことになっているのですが、
闇金業者はその利率をはるかに超えた1000%超えの高利で貸付を行っています。

これにより、闇金被害者は法律に則った手続きを取ることによって対抗することができです。

しかし、法的な知識を何も持っていなければ、
海千山千の闇金業者と対等に渡り合うことなど到底できません。

そのような場合に頼ることができる専門家が、弁護士や司法書士です。
現在は闇金問題を積極的に取り扱っている弁護士や司法書士が存在しており、
被害者救済のための活動を積極的に展開しています。

該当する専門家事務所には闇金被害の専用窓口を設置している場合が多いので
探してみましょう。

 一方、多重債務に陥って借金返済に行き詰まってしまっている場合にも、
弁護士や司法書士に相談することができます。弁護士や司法書士に相談すると、
債務整理の手続きを取ってもらうことができます。

相談者の状況に応じて、任意整理がよいのか、それとも民事再生や自己破産の方がよいのかなど、
適切な問題解決方法を提案してもらえるようになっています。

債務整理は早めにする

債務整理
カードローンはいざという時の助けになりますが、使い過ぎた結果、借金が膨らんでしまうことがあります。
これ以上の返済が不可能になった時には、現実的に債務整理の計画を立ててください。

任意整理以外の債務整理を行った場合、法に則って借金を帳消しにしたり、大幅に減額してもらえます。なので、借金返済の負担が軽減し、生活を立て直すことも可能でしょう。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?

実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚前でも特別な注意は必要ないでしょう。
債務整理の結果、相手に返済義務が譲渡されることは絶対にありません。

けれども、債務整理をしたことを婚約者に隠したまま結婚すると、後に大きな問題に発展しやすいですから、債務整理についてお互いが納得した上で結婚することをおススメします。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、それは資産として扱われることになるでしょう。

もし、1000万円の借金があるといったケースなら、個人再生で5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。とはいえ、売掛金として100万円がある場合は、この売掛金の5分の1が返済額にプラスされるので、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったのであれば、今後もお金を借りられるかどうかは、とても気になる問題です。やはり、間が空かなければキャッシングやローンを使うことが諦めなければなりません。

債務整理を行ったことは金融事故として5年以上はブラック状態になりますから、ブラック状態のままでは、ETCカードを買ったり分割で商品を購入するようなこともできなくなります。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずはすべての借入をおまとめローンで一本化できないかどうか考えてみてください。

債務総額こそ減らないのですが、高額で、ひとつの借入になりますから、利子を減らすことも可能でしょう。煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。おまとめローンが組めなくなってから債務整理の手続きを取るのも良いでしょう。

債務整理する上で例外が闇金から借りていた場合です。
闇金の債務を債務整理方法は任意整理しかありません。なぜなら裁判所を通した債務整理には応じないからです。非合法な闇金業者が裁判所へ出頭するはずもありません。
残された任意整理とは闇金被害を得意とする弁護士に依頼して交渉することになります。

ギャンブル依存症とヤミ金トラブル

ギャンブル依存症と借金の関係

パチンコや競馬にのめり込み、ギャンブル依存症に陥ると、折角仕事して稼いだ給与をつぎ込んでしまうことになります。ファミリーや周囲からの借金だけでは金額が足りなくなり、銀行カードローンやクレジットカードキャッシング、金融事業者から貸付を受るという話しをよく聞いたりします。

しかし、最大限度額まで借りたものをパチンコに使い切り、さらなる転落の一途となるのです。

でも、どうしてこのような借金地獄におちいる人がいるのでしょうか?

それは、パチンコには借金しやすい理由があります。

【パチンコで勝つことは難しい】

ギャンブルは本来、元締めが得をするようになっています。たとえば、あなたは元本割れする確率の高い金融商品に投資をするでしょうか?まともなら投資したりしないと思います。

パチンコは当然ながら店側が利益を得るために還元率が100%以下設定すますから、金融商品でたとえると元本割れする確率が高い投資していると同じ事です。

しかし、当たれば一定金額が手に入るという思惑が勝っり、結局は負けてしまう場合がほとんどです。

投資の場合には損切りが大変重要だとされています。これは自分の予想と異なった結果となった場合に損を最小限に抑えるために、手じまいの決済をすることを指します。パチンコでいえば自分が決めた金額をつぎ込んでも勝てないのであれば止めることで、損害を最小限に食い止めることができます。

パチンコで借金地獄に落ちている人は、損を取り戻そうと思い、さらなる損が発生して大けがを負うのです。

パチンコでも、時には勝つこともあるでしょうが、勝ったからといって貯金をする人はまれなようです。勝った時は気が大きくなり、飲食や、大きな買い物をする人が多いようです。

負けたらお金を減らし、買ったらお金を使うので結局は、お金は減る一方で、増える要素がありませんから借金することになります。

日本におけるパチンコ環境も大きな原因の1つです。

パチンコ店は全国各地に存在し、ほとんどの店が年間通して毎日利用することができます。その結果、いつでもどこでもパチンコができますので、お手軽にギャンブルができます。

ギャンブルの怖いところは、たまに勝ってしまったことによって余計にはまってしまうことです。勝利体験が次の勝利をイメージさせ、根拠もないのにまた勝てると思い込むことです。

単発で勝てても、長い目で見たら負ける確率の方が圧倒的に高いのですから、気が付けば借金しながらパチンコをしていることになります。
サラ金やクレジット会社のキャッシングで何とかなっている場合はまだしもですが、そこからも借りれ無くなれば闇金からの借金となり本格的な借金地獄の始まりです。
もし、すでに闇金から借りて地獄を見ているのなら、今すぐ闇金トラブルの専門家に相談しましょう。

ギャンブル依存症は、精神疾患ですので、本人にもどうしようもなくなります。そうなると多重債務にまっしぐらとなりますので、早めの治療が必要です

債務整理の一般知識

債務整理をしたことがある知り合いからその経過についてを教えてもらいました。
月々がずっと楽になったそうでとても良かったです。

私にも複数の借金がありましたが、もう全部返し終わったので借金の悩みはありません。債務整理には欠点も多々ありますから、返し終えておいて良かったです。
Continue reading  

債務整理におけるデメリットとは

もし、任意整理や個人再生、あるいは自己破産などで債務整理をしたのなら、時間を置かなければ、キャッシングをすることもできなくなります。
この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの期間が変わります。

でも、安定した収入が見込め、今勤めている会社の勤続年数が長いようなら、貸金業者の審査基準によっては、問題なく審査をパスできるかもしれません。任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、身内の人が辛い思いをすることはないです。
Continue reading  

ヤミ金被害の解決法とは

はからずも、急に現金が必要になった。それなのに手当のめどが立たない。しかし貸してくれる当てがない。そんな場合、しかたなく消費者金融から借金する人がいることは、無理からぬことです。切羽詰まった状況で、背に腹は代えられません。
でも、銀行の5~10倍にもなる高金利が待っています。借りる前には十分に認識しておかないと後悔することでしょう。まかり間違って、返済できなくなるのを防ぐために、さらに別のサラ金から借りてくる多重負債の道に。こうなるとサラ金も貸してくれませんから次は闇金です。でも彼らは違法な闇社会の人間達です。

事件でも報道されたよく知られる金融業者と闇金融とはどう違うの。違いを言えば、法律によりせいげんされた貸出金利を上回る金利で貸出している業者、貸金業を営んでいるにも関わらず登録していない業者を、闇金融と表現します。そして、登録されている貸金業者でも決められた金利を超えて貸し付けすればヤミ金融です。
Continue reading  

債務整理の後で

2010年、本格的に施行された改正貸金業法の運用により多重債務者は減少しているととのデータがありますが、一方では法律改正の趣旨とは違って金融各社の生き残りをかけた営業努力により、むしろ借金しやすくなったともいえる状況になりました。

◆債務整理をすれば金欠になっても金融機関からは借りれない

借金地獄を体験したサラリーマンによれば「債務整理した後の方が借金できなくなり大変です」
との話が聞こえてきます。

借金地獄を逃れる手段として一般に知られる任意整理ですが、それを実行しても借金にまつわる悩みが続くケースもあるようです。
Continue reading  

偽装ヤミ金の一例

もう2年ほど前の事件になりますが、今も使かわれている「偽装ヤミ金」の手法があります。
それがコレ。

ニュースによれば、質屋を装い、無許可で貸金業を営んだとして、群馬県警生活環境課は22日、男性2人をを貸金業法違反(無登録営業)容疑で逮捕しました。

発表によれば、容疑者2人は2012年1月から13年3月までの間に、高崎市八島町の「○○質店」で、県内の60~70歳代の男女3人に21回にわたり、計約198万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだ容疑です。

容疑者らは、11年10月に質屋営業の許可を取得したが、利用者が担保として持ち込んだ品物を鑑定せず、破損した時計など値打ちのない物を担保に金を貸していました。

加えて、利用者の年金支給額や所得に従って貸付額を決定しており、県警は、これらの実態から容疑者らが貸金業を営んでいたと断定しました。
Continue reading