借金地獄に落ちる過程は・・・

ある日、今すぐお金が必要となった。今すぐ、資金手当てしなければならない。しかし貸してくれる当てがない。こんな追い詰められた場合に、しかたなく消費者金融から借りる人がいますが、借金事態は止められません。大金は無理でも、すぐに借りれるので助かります。

しかし、それには保証人を巻き込んだ厳しい取り立てがあります。このような業者から借りているこを認識していないと、さらなる痛手を負うかもしれません。さらに、契約違反にならないように、別会社から借りる多重負債の道に。

次のステージが闇金融となります。その闇金はこれまで相手にした貸金業とは違います。

では、闇金業者のどこが怖いのでしょうか。社会通念上は法律の上限利率を超える金利で貸出している者、監督官庁に登録していない貸金業者を、闇金融といいます。そして、登録されている貸金業者でも違法な貸出金利で貸し付けすれば看板はどうあれ闇金融となります。

昔から、高利貸しの代名詞として「トイチ」の金利があります。つまり10日間借りたら1割の利息(年利360%)になります。
それが現代の闇金になると、以前の2~3倍もの高金利になっています。

すなわち、トサン(10日で3割)で10万円を借りれば1年間の利息は、なんとまあ、にわかに信じられないほどの金額、108万円です。誰がこんな金額を返済し続けられますか。

弁済が延滞すれば、裏金業者によるシビアな取立てが実施されます。昼夜の関係なく、ひつこく嫌がらせの電話をかけまくり、自宅や職場にまで集金に来たり、所かまわず脅迫的な言葉で取立てしようとします。

先述したように、闇金は違法な高金利と取り立てで、利用者にとって生きるための生活基盤を壊されますから、銀行、消費者金融から融資されなくても絶対に裏金融を利用すべきではありません。借金地獄への階段が見えています。
ヤミ金相談所