闇金を借りるまでの階段

だれしも、急ぎお金が入用になる場合があります。しかし残念なことに手持ち金が無い!

こんな時は焦りますよね。頼れる親族や知人でもいればよいのですが、もしいても恥ずかしいので言えない何ってことも。こんな時にやむを得ず金融会社のキャッシングでお金を借りてしまうこともあるでしょう。今どきのキャッシングは即日融資も可能ですし、背に腹は代えられません。

ただ注意すべきことは、銀行に比べはるかに高い金利と取り立て方法で生活が破壊される恐れがあります。(ヤミ金よりもはるかにましですが・・・)

借りる段階で契約内容を吟味しておかないと後の祭りってことも。もし、返済が出来なくなり、他の金融会社で借金して返済するようになれば、立派な「多重債務者」のできあがりです。

それを繰り返し、いよいよ金融会社で貸してくれるところが無くなると次の段階が闇金融です。その闇金はこれまで相手にしてきた金融会社とは全く違います。

大きく違うのが違法な存在、言うなれば犯罪者集団だってことです。

それでは、闇金のどこが違法なのでしょうか。社会通念上は出資法における上限金利を超えて融資している業者、貸金業を営んでいるのに無登録の業者を、ヤミ金融業者といいます。しかし、正規の貸金業者であっても法律を守らず違法な金利で貸し付けすれば正規貸金業者ではなく闇金です。

法律では貸出金額によって違いますが利息制限法により最大20%までとされています。
しかし闇金になると1000%を超える金利で貸付し、返済が1日延滞すると過酷な取立てや、嫌がらせを行い利用者の生活を破壊してしまいます。
いくら銀行や消費者金融から借りれなくても決して闇金を利用すべきではありません。

ヤミ金被害を解決する相談窓口