闇金とトバシ携帯

困窮者を利用して犯罪の小道具として使うトバシ携帯を多量生産する「ダミー闇金」の実態とは

闇金融と携帯最近、社会問題になっている振り込め詐欺や闇金それに風俗などの違法業界で必須の重要な小道具として利用されているのが携帯電話です。

携帯電話の欠点が日常的な契約をすると身元が容易に解明できることでです。これでは犯罪に使うことができません。

そこで犯罪者が生み出した方法がトバシ携帯(第三者が契約し転売することで使用している人の素性が解明されない携帯電話)といわれている方法です。

そのスタートとして、電話会社と契約する名義人が欠かすことはできません。

以前は裏社会の専門業者が要求に答えていました。それに応じられたのは携帯電話会社の店舗で契約しようとする者の身分検証があやふやで、比較的簡単に契約できたからです。

しかし、近年では身分確認が厳格になり裏社会の専門業者も携帯電話が入手しづらくなりました。
その代わりに出現してきたのが、闇金業者を利用した手法です。

その方法とは、闇金を利用し、返金ができなくなった利用者に対して、返済の代わりにトバシ携帯電話用の携帯電話を契約させるというものです。

難題なのは、闇金利用者が携帯電話の契約名義人となることで、思いもよらず犯罪の手助けをしてしまうことです。

その結果、利用者は現在使用している携帯電話は勿論のこと、当分の間は新規で携帯電話契約ができない「携帯ブラック」状態になります。

 闇金業者に搾り取られるだけ剥ぎ取られ、犯罪にまで加担させられた被害者を救出する方法はあるのでしょうか。

返済できないからっといって犯罪者の片棒を担ぐようなことになっては大変です。
その様な状況になる前に闇金問題の解決の専門家へ相談しましょう。