闇金の過酷な取り立てが復活

調べによれば、ヤミ金にまつわる悩み相談は増加していませんが、闇金業者が復活したようです。
巷では闇金業者の暗躍が頻繁に聞こえています。。

平成17年に発生した人の弱みにつけ込んだ取り立てで追い込まれ、闇金の追い込みが原因の一家心中で闇金問題が社会に認知され、闇金業者が全国各地で摘発されたことで表面的にはヤミ金による取り立て被害は減少しました。

ただ、取り立て方法が巧妙になっただけで闇金が減ったわけでなく、摘発逃れの意味もあって、強引な取り立てをする業者が減少したことによるものでした。

でも近頃、過去に問題となった過酷な取り立てをするヤミ金が復活しているようなのです。

男性-頭痛100ヤミ金の悪徳手口は、借金した本人以外の周りの親族、近所の人たちにまで嫌がらせをして利用者以外から取り立てることを手段にしていることです。

利用者の家族を追い回し、被害者及びその家族の仕事先にまで訪問して職場に居ずらくします。

利用者の中には、親、兄弟にも秘密にし自分で何とかしようとしますが、ヤミ金はその弱点をを利用し、己の目的を達しようとします。

その結果、闇金被害者の多くは、借金返済のために新たに借金をする、限界まで借金させられます。

利用者にとって、困るのが知らず知らずに闇金業者の口車にのせられて意図せずに犯罪者になってしまうことです。

その犯罪のやり方は、利用者の弱点を融資時の金額や返済期の延滞を利用して、闇金が被害者名義で携帯電話契約をさせたり、被害者名義による銀行口座を開設をさせて取得した携帯電話、銀行通帳を使って、新たな犯罪の道具に使うというものです。

この時点で、闇金被害者は犯罪の片棒を担がされたことになります。

裏金融(闇金)の被害から自分を守る方法