借金清算のアノ手この手

何かと話題の自己破産について、
自己破産の良いところは、免責となると借金の返済義務から逃れられることです。
お金の返済方法に一晩中悩んだり、金融機関や親戚の間を金策に走り回らなくてよくなります。

そして、資産をあまり持っていない人にとっては、破産整理で手放さなくてはいけないものがあまりないので、利点が多いと言えます。

デメリットとしては、
銀行からお金を借りている時は、自己破産を申請するとその銀行口座が使えなくなることがあります。この場合には事前にお金を引き出しておいた方がよいでしょう。

銀行は損失を避けるために、口座を凍結してそのお金を使えないよう処理するんですね。
そして、家や車といった資産は基本的には全部手放さなければいけません。

次に任意整理について、
借金がかさむことにより、もう個人の力では返済できない場合に、任意整理をすることになります。弁護士事務所や司法書士事務所に依頼し、手続きを経て裁判所で弁護士と債権者、および裁判官を交えて話し合いをします。

月にどのくらい返済できるかなどを検討し、それからの月々の返済額が決定されます。

デメリットとしては、5~7年間ほどはブラックリストに登録されてしまう為、新しく借金は出来なくなります。

それでも、その期間が過ぎれば、新規の各種ローンやクレジットカードを組むことも可能になります。

問題は闇金からの借金清算です。
これは絶対に1人ではできません。必ず弁護士か司法書士に依頼して交渉してもらいましょう。

取り立ての行為の即時停止、借入金の無効などが短期間にできるようになります。何といっても費用も闇金1社あたり3~5万円ほどですから費用対効果を考えると、すぐに依頼すべきかと思います。
闇金融に一番強い法務事務所