闇金と手を切るには

されにでも起こりうることが「急に現金が必要になった。でも自己資金がない。しかし家族には頼めない」そんな時、やむ得ず高金利な消費者金融からお金を借りてしまうことがあるようですが、やむ得ません。金利は高めですが、背に腹は代えられませんから。

しかし、それには銀行より高金利ですし、取り立てが待った無しなど不利な内容があります。そのために遅延損害金など約定を知らないと、さらに追い込まれることに。そして、返済が遅延しないよう、新たな借金をしてくる借金の連続で借金が膨れ上がります。そして、どんなに苦しくても闇金には絶対に手を出してはいけません!ただ、これまでの貸金業と違い違法な相手になります。
よく聞く闇金業者のどこが怖いのでしょうか。社会的に法律に則った金利で貸出している者、監督官庁に登録せず貸金業を営んでいる業者を、闇金と呼びます。さらに、貸金業者として正規に登録されているにもかかわらず、違法な金利で貸せばそれは闇金となります。

一昔前までは、高利貸しの象徴として「トイチ」の金利、わかり易くいえば、10日間借りたら1割もの利息を支払うものが有名でした。それを現在の闇金に置き換えると、昔の2~3倍、年利720%以上にもなっています。そのために、10万円を年利1080%(トサン)で借りるなら1年間で支払う利息合計は、信じられないことに、108万円になるという驚きの金額になります。こんな信じがたい金利を返すことなんてどだい無理な話です。

弁済が延滞すれば、裏金業者によるシビアな取立てが実施されます。夜中、早朝の時間に関係なく、根をあげるまで何回も督促電話をかけ、親族宅や職場にまで集金に来て、大声で恫喝します。先述したごとく、ヤミ金融業者は違法な高金利及び、過酷な取り立行為により、生活の土台を壊してしまいますから、銀行や消費者金融から借りれなくても闇金融だけは利用すべきではありません。

はからずも、これまでに闇金から借りてしまっているなら、何とか自力で解決しようと考えず、今すぐに闇金問題のプロ、司法書士あるいは弁護士に相談しましょう。犯罪者であるヤミ金融からの借金は、法律によれば返済しなくてもよいですし、取引内容次第では、いままで闇金へ返済した金額を取り返し、明日のことを考えれる平穏な生活が手に入ります。
ヤミ金融と手を切りたい相談所

ただし、弁護士・司法書士といえども、闇金融の知識なり経験を持っている、弁護士や司法書士を探して依頼することが必須です。司法書士もしくは弁護士事務所と大きく看板表記されていても、人によって得意とする分野が違います。ヤミ金は、不正な方法で活動している非合法集団です。権威がある法律の専門家であっても、相手を知らずしては勝負できる相手ではありません。それには前書きで記述したように見識と知識が大事です。